競輪ロケット(更新休止中)

車券師として食べていきたい人、昭和平成の懐かしもの好きな中高年をターゲットとするブログです。

税の作文など排泄物召し上がれだコノヤロウ!!

time 2019/09/02

税の作文など排泄物召し上がれだコノヤロウ!!

税の作文などと言うものがあるらしい

国税庁が音頭とって、
https://www.nta.go.jp/taxes/kids/sakubun/index.htm
のページにあるように、
子どもたちに税金と言う制度の大切さというか、
実際は今の税金の制度が理想だと言う教えを刷りこむ、
くそみそテクニックの一環です。

消費税は大企業の減税の穴埋めだというのが周知のとおりです。

知らない人は、財務省などの説明通り、全部社会保障に使われていると思ってます(ま、グラフの上ではウソとも言えないですが。しかし法人税を下げてきた分の転嫁として消費税が上がったことは紛れもない事実)。

だから文の最後は税は必要ですで終わらさねば、及第点にならないのです。

れいわ新選組の山本太郎が首相なら、こんな宿題出しません。

まさに、「はだしのゲン」第一巻の作文の授業思い出す。
兵隊さんに寄せる作文の授業です。
お国のために死んでくださいと作文に書いた子が褒められ、
たいしてゲンが「とうちゃんは戦争はしてはいけないと言います(中略)兵隊さん死なないでくださいお父さんお母さんがかなしみますから」と書く。
すると先生から非国民めと仕置きを受け立たされる。

そんな、お国の方針に染めようと言う、
お国の間違いを指摘する奴は非国民なりと言う空気が、
税の作文から、
ゲロ以下のにおいとしてぷんぷんしてまいります。

元JPモルガンの為替ディーラーであり、ゼニのことには誰より詳しい大西つねきさんが、
以下のリンク先の文章のように、今の税制には哲学なんかないから改革せねばと主張しています。
https://www.fair-to.jp/blog/tax?categoryId=96117

人気ブログランキング




こんな人が更新しています

しょうた

しょうた

「しょうた」は、2020年8月31日以後、先代キャラクターにかわって、あらたに、このブログの「中の人」となる。 [詳細]

検索

このブログについて(2020年9月29日更新)

このブログは、はてしなく堅い車券を追求してきた競輪予想ブログです。

車券師として食っていくにはどうしたらいいか、そのためにはやはり堅いうえに堅い予想だけに絞るというのが最適解と考えて、車券師目指す方をターゲットとしています。

あと、懐かしもの好きの私(40代)かそれ以上の世代もターゲットとしています。

カテゴリー

アーカイブ