競輪ロケット【1,000記事達成】

車券師として食べていきたい人、昭和平成の懐かしもの好きな中高年をターゲットとするブログです。

「まんがはじめて面白塾」の主題歌は洋楽カバーの替え歌だった!(オープニング編)

time 2019/04/24

「まんがはじめて面白塾」の主題歌は洋楽カバーの替え歌だった!(オープニング編)

スポンサーリンク

※2019年12月21日に、一部修正しました。

「まんがはじめて面白塾」について

TBS系列で、様々なモノの由来と発展史、すなわち「はじめて」を学ぶアニメが、
昔ありました。
「まんがはじめて物語」からはじまり、「まんがどうして物語」「まんがなるほど物語」
「新まんがなるほど物語」とつづき、

その最終バージョン「まんがはじめて面白塾」の後半、
オープニングテーマとなったのは
「知らないおばけは出てこない」です。

まんが はじめて面白塾(貴本亜莉紗版) OP

しかしこの曲、洋楽カバーの替え歌なのです。
元ネタはこの曲です。
幸せの黄色いリボン/ドーン Tie A Yellow Ribon Round The Old Oak Tree/ Dawn

この曲の歌詞は、のちに山田洋次監督の映画「幸福の黄色いハンカチ」の
元ネタとなったことで有名です。
刑務所から刑期を終えて出る男、かれは妻に、もしいまでも俺を愛しててくれるなら、
黄色いリボンを家の庭先にある樫の木に掲げておいてほしいと手紙に書いて頼んでいた。
しかし、バスに乗って帰る最中家の近くまで来たとき、樫の木にリボンがかかっているか
自分で見る勇気がなく、運転手さんに代わりに見てもらう、
もしリボンがかかってなかったら家には帰らずに通り過ぎよう、
しかし、家の樫の木にはたくさんの黄色いリボンが花のようにかかっていた。
というのが歌の主旨です。

映画「幸福の黄色いハンカチ」ではリボンがハンカチに変わっていますし、さらには、家までの旅に道連れができます。
けだし「男はつらいよ」シリーズと並ぶ山田洋次作品の最高傑作でしょう。

ともあれ、「まんがはじめて面白塾」のような番組が再び放送されてほしいですね。
チコちゃんという見た目は5歳頭脳はおっちゃんな子に叱られながら学ぶより、
よっぽど面白く学べると、私は思います。

後編、エンディング編へつづく!

人気ブログランキング加入しています。

人気ブログランキング

スポンサーリンク

こんな人が更新しています

しょうた

しょうた

「しょうた」は、2020年8月31日以後、先代キャラクターにかわって、あらたに、このブログの「中の人」となる。 [詳細]

検索

このブログについて(2020年9月29日更新)

このブログは、はてしなく堅い車券を追求してきた競輪予想ブログです。

車券師として食っていくにはどうしたらいいか、そのためにはやはり堅いうえに堅い予想だけに絞るというのが最適解と考えて、車券師目指す方をターゲットとしています。

あと、懐かしもの好きの私(40代)かそれ以上の世代もターゲットとしています。

カテゴリー

アーカイブ